Q&A集:糖尿病とはどんな病気ですか



question糖尿病とはどんな病気ですか


answer
ドクター糖尿病(とうにょうびょう、Diabetes)とは、すい臓から分泌される血糖値を下げる働きを持つ、インスリンというホルモンが、まったく分泌されなくなったり、または分泌しても量が少なっかったり、働きが悪かったりして血液中の血糖が慢性的に多くなる病気です。糖尿病になると血液の中のブドウ糖(グルコース)の濃度(血糖値)が異常に高い状態(慢性高血糖状態)となります。

「高血糖」の状態が長く続くと、血管が傷つき、血流が悪化します。それ自体で命を落とすことはありませんが、そのまま放置しておくと、さまざまな臓器に合併症を引き起こします。

糖尿病には1型と2型があります。日本人の糖尿病の95%が2型糖尿病です。2型は遺伝的要素に加えて、過食・運動不足・ストレスなどの生活習慣が合わさり発症します。1型は自己免疫疾患や、すい臓のランゲルハンス島のβ細胞がウイルスなどで破壊され、インスリンが作れなくなり発症する糖尿病です。
図解-2型糖尿病発症の仕組み
糖尿病はその名前から、尿に糖が出る病気と思われがちです。たしかに糖尿病になると血液中の過剰な糖が尿に漏れ出ることがあります。しかし、尿に糖が出ていなくても糖尿病である場合もありますし、糖尿病以外の原因(腎性糖尿)で尿に糖が出る場合もあります。



ナビゲーション