Q&A集:カロリーゼロの清涼飲料水は、たくさん飲んでも大丈夫?



questionカロリーゼロの清涼飲料水は、たくさん飲んでも大丈夫?


answer
ドクターコーラなどの清涼飲料水には糖質が多く含まれています。例えば下図左の普通のコカ・コーラだと100mlあたり約11.3gの糖質(炭水化物)があります。

糖質は1g約4kcalなので500mlのペットボトルだと225kcal、角砂糖にすると15~16個分に相当します。つまりコーラを1日1リットル飲むと一食分に近い450kcalにもなってしまうのです。また、清涼飲料水はブドウ糖の吸収速度も早いので血糖値の急激な上昇を招きます。

コカ・コーラ/コカ・コーラ ゼロ成分表
コカ・コーラ成分表 コカ・コーラ ゼロ成分表
コカ・コーラ コカ・コーラ ゼロ

一方、コーラでもカロリーゼロのものは血糖値の急激な上昇を防ぐことができるので、飲むならカロリーゼロやカロリーオフのものを選ぶべきです。

ただし、たくさん飲んでも大丈夫かと問われるとYESとは言えません。何故なら、カロリーゼロの表示は100ml当たり5kcal未満という意味なので、カロリーがゼロではない製品もあるからです。ただ、いずれにしろ5kcal未満なので多量に飲まなければ問題になることはありません。しかし、カロリーオフという表示の飲料は100ml当たり20kcal以下という意味なので、こちらはたくさん飲めば糖質の過剰摂取になってしまいます。カロリーゼロやカロリーオフの飲料でも慢心せず一定量を決めて飲むようにしたいものです。

そんなことを気にせずたくさん飲みたい人は、ウーロン茶、むぎ茶、緑茶系がいいでしょう。炭酸が好きな人は、炭酸水にレモンやライムを入れて飲む方法もあります。



ナビゲーション