Q&A集:糖尿病神経障害とは?



question糖尿病神経障害とは?


answer
ドクター糖尿病神経障害は、3大合併症のなかで最も早く糖尿病患者さんに現れる合併症です。高血糖の状態が続くと、細小血管だけでなく末梢神経にも変性が生じ、さまざまな神経障害が現れます。

末梢神経のうち、知覚神経や運動神経に障害が起こると(手足のしびれや痛み・熱さ、冷たさに鈍感になる・筋力低下)などの症状が現れます。また自律神経に障害が起こると(発汗異常・内臓の不調)などを起こします。

糖尿病神経障害の主な症状
・手足の先が冷たい、しびれたり痛む。

・熱さ、冷たさに鈍感になる。

・筋肉の萎縮、筋力の低下。

・こむら返りが起こる。

・立ちくらみ。

・顔の神経の麻痺

・発汗異常、便秘・下痢、勃起障害など。

図解-糖尿病神経障害特に注意したいのは、末梢神経障害が進行して手足のしびれや冷たさを感じなくなった時です。気づかないうちにやけどや怪我をし、そのまま放置していると化膿したり感染症を引き起こします。また、最悪の場合、その部分が壊疽(えそ)を起こし、足などの切断にいたることもあります。

糖尿病神経障害は、手足の先から徐々に体の中心に向かって広がっていきます。進行を防ぐためには、良好な血糖コントロールを維持することが大切です。



ナビゲーション