Q&A集:糖尿病患者さんが旅行するときの注意点



question糖尿病患者さんが旅行するときの注意点


answer
ドクター糖尿病患者さんも、健康な人と同様に旅行を楽しむことができます。注意点としては、まず旅行や長期の出張に行く場合は主治医に計画や行程を伝え、指示を仰ぐようにしましょう。

インスリン注射をしている人は、紛失など万一の場合に備え、何ヶ所かに分散して多めに持っていくのがいいでしょう。飛行機で移動する際は、インスリンは必ず機内に持ち込むようにします。短いフライトでも低血糖にならないとは言い切れません。低血糖を起こした時に備え、すぐ口にできるブドウ糖や糖質の入ったジュースなどを用意しておくと安心です。
飛行機
健康保険証や糖尿病患者カードは必ず携帯しましょう。海外に行くときには、現地語で書かれた糖尿病患者カードを携帯すると安心です。

航空会社は、事前に申し込むことで糖尿病用の機内食を用意してくれる会社もあります。旅館やホテルなどでも対応してくれる場合があるので事前に確認してみましょう。



ナビゲーション