Q&A集:糖尿病の予防に緑茶やコーヒーがいいと聞きましたが本当ですか?



question糖尿病の予防に緑茶やコーヒーがいいと聞きましたが本当ですか?


answer
ドクター本当です。緑茶には独特の渋みがありますが、それはポリフェノールの一種であるカテキンです。カテキンは腸での糖の吸収を緩やかにするため、食後血糖値の上昇を抑える効果が確認されています。
お茶
また緑茶を毎日飲む人は糖尿病になりにくいことや、動脈硬化が軽いことが報告されています。この効果は緑茶に限らず、紅茶、ウーロン茶でも同じです。

珈琲
コーヒーに関しては、コーヒー(ブラック)を毎日飲む人のほうが、ほとんど飲まない人に比べ、2割ぐらい2型糖尿病にならないという調査データ(国内11の保健所と国立医療センターによる研究調査)があります。

また、ハーバード大学が発表した研究結果によると、コーヒーを飲む人は全く飲まない人に比べ、糖尿病になる確率が女性で30%、男性で50%少ないというデータが示されています。ただ、1日に何杯飲んでも効果はほとんど変わらないので、たくさん飲めばいいというものではありません。また、コーヒーに含まれるクロロゲン酸などのポリフェノールが動脈硬化を抑制し、コーヒーの摂取量が多い人ほど脳梗塞になる確率が少なくなるというデータも示されています。
ココア
ココアには、カカオポリフェノールが豊富に含まれており、血圧を下げる効果や動脈硬化を予防する効果があります。また、ココアには難消化性のリグニン(食物繊維の一種)が含まれているので、整腸作用も期待できます。



ナビゲーション