Q&A集:仕事の面接で糖尿病と打ち明けたほうがよいか?



question仕事の面接で糖尿病と打ち明けたほうがよいか?


answer
ドクター堂々と打ち明けるべきと言いたいところですが、この就職難の時代、なかなかそうもいきません。能力が同じなら会社は持病のない人のほうを選んでしまうからです。なので、血糖値がコントロールされ、自分でその業務を行うに当たり支障がないと思えば、あえて打ち明ける必要はないでしょう。

ただ、入社の際に持病の有無を聞かれ、「ありません」と嘘をついて入社し、その業務を行うことが出来なくなれば、告知義務違反に問われる場合もあります。そうならなくても会社には居づらくなってしまいます。
面接
また、高所での作業や車の運転など低血糖を起こし倒れたとき、自分だけでなく他人の命まで危険にさらす業務は避けるべきでしょう。入社の際に健康診断を行う会社もありますし、タクシー会社などは、入社後も運転に影響を及ぼす糖尿病、血圧異常、無呼吸症候群などは定期的にチェックされます。事務系の公務員などは、糖尿病の有無は問題とされないので就職しやすい職業と言えます。



ナビゲーション