Q&A集:糖尿病でもお酒を飲んでよいのですか?



question糖尿病でもお酒を飲んでよいのですか?


answer
ドクター基本的に糖尿病患者さんの飲酒はあまりお勧めできません。アルコール飲料はカロリーが高いというだけでなく、糖質以外の栄養素をほとんど含んでいないので(ウイスキーなど蒸留酒は糖質は含まない)アルコールで摂取したカロリーを食事で減らせばいいということにはならないからです。これはお菓子など他の嗜好品にも言えることです。ただし、薬物療法を行なっておらず、血糖値が安定し、合併症も出てない人は、少量の飲酒であれば特に問題はありません。スルホニル尿素(SU)剤を服用している方は、低血糖を引き起こす危険があるので主治医に相談してみて下さい。
アルコール飲料
酒好きの方を擁護するわけではありませんが、アルコールも悪い点ばかりではありません。アルコールを少し飲む人は、まったく飲まない人に比べ、HDLコレステロール(善玉コレステロール)が増え、動脈硬化が軽いことがわかっています。また、赤ワインに多く含まれるポリフェノールは、抗酸化物質で動脈硬化を防ぐ働きがあります。ただ、飲み過ぎれば逆効果になることは言うまでもありません。なんでもほどほどが大切です。



ナビゲーション