Q&A集:基礎代謝を上げれば太りにくくなるのですか?



question基礎代謝を上げれば太りにくくなるのですか?


answer
ドクターエネルギー代謝には、基礎代謝のほかに生活活動代謝と食事誘導性代謝があります。

基礎代謝とは、人間が生きていくうえで最低限必要なエネルギー消費です。呼吸をしたり、内臓を動かしたり、体温を保ったり、ただ寝ているだけでも使われます。
エネルギー代謝
生活活動代謝とは、日常生活で体を動かす時に必要なエネルギー消費です。

食事誘導性代謝とは、物を食べることによって使われるエネルギー消費です。物を食べると体が温かくなるのはこのためです。

この3種類のうちで最も消費量が多いのが基礎代謝です。1日の総消費エネルギー量のおよそ60~70%を占めています。運動をしなくても消費されるエネルギーなので、基礎代謝が高いと内臓脂肪をためにくい体であると言えます。


男性・女性の基礎代謝のピーク
基礎代謝は、性別・年齢・体格・気温などによっても違ってきます。基本的に男性より女性の方が基礎代謝が低く、男性のピークは16歳、女性のピークは13歳と言われています。その後は、年齢を重ねるに従い徐々に減少に向かいます。「食べる量は変わらないのに太った」と言うのは、基礎代謝の減少が影響しているのです。

基礎代謝が体のどの部分で最も消費されているかというと、それは筋肉です。年齢と共に基礎代謝が落ちてくるのは、この筋肉量の減少が大きく影響しているのです。

筋肉は男性が20歳、女性は18歳ぐらいをピークに減少に向かい、70歳でおよそ65~70%にまで減ってしまいます。筋肉の減少は加齢によるものとあきらめず、適度な運動とバランスの取れた食事をすることで遅らせることができます。またそのことが、糖尿病の大敵である内臓脂肪の減少及び溜めにくい体にすることにもつながります。



ナビゲーション