Q&A集:歯周病が糖尿病を悪化させるって本当ですか?



question歯周病が糖尿病を悪化させるって本当ですか?


answer
ドクター糖尿病になると、高血糖による細小血管障害や免疫機能の低下から歯周病菌に感染しやすくなります。

糖尿病と歯周病(歯肉炎・歯周炎)の因果関係については、まだ分からない部分も多いのですが、歯周病菌がTNF―αと呼ばれる物質の産生を促進し、それが血管内を巡ることでインスリン抵抗性を起こすことが分かってきました。また、2型糖尿病では、そうでない人に比べ約2倍、歯周病にかかりやすく、重症化しやすいことが分かっています。

つまり歯周病があると血糖コントロールが難しくなり、糖尿病も歯周病も更に悪化していくという悪循環になってしまうのです。糖尿病患者が歯周病を治療するとインスリン抵抗性が改善し血糖値が下がったという報告があるので、歯周病がある場合は積極的に治療して下さい。
歯磨き


また、喫煙は歯周病を更に悪化させるので糖尿病の方は禁煙することをお勧めします。進行した歯周炎でも禁煙することで改善されることが明らかになっています。歯周病の影響は、糖尿病だけなく肺炎・心臓病などとの関連性も指摘されているので、健康のために口腔内は常に清潔にしておきましょう。

歯周病の予防
・毎日、正しい歯磨き(ブラッシング)を行う。

・定期的に歯石の除去をする。(歯石は自分では除去することができないので、定期的に歯科医院でとってもらう)歯石の除去は保険が適用されて、1回あたり1,000円~2,000円ぐらいです。

・喫煙者は禁煙しましょう。

・歯周病を防ぐことは、糖尿病の予防にもつながります。



ナビゲーション