Q&A集:妊娠糖尿病とはなんですか?



question妊娠糖尿病ってなんですか?


answer
ドクター妊娠中に初めて発見または発症した、糖尿病にいたっていない糖代謝異常を「妊娠糖尿病」といいます。

一般的に血糖値が160~180mg/dL以上にならないと尿に糖は出ませんが、妊娠中には120mg/dL以下でも糖が出る場合があり、これを「妊娠性腎性糖尿」といいます。これは妊娠糖尿病ではないので、胎児への影響もなく、食事制限などの治療も必要ありません。
妊婦
ブドウ糖負荷試験を行い、血糖値が高いために尿糖が出ていることが判れば「妊娠糖尿病」と診断されます。治療は食事と運動療法が中心となりますが、血糖コントロールが十分できない場合は、インスリン治療を行います。


妊娠糖尿病診断基準(ブドウ糖負荷試験) 
(1)空腹時血糖値 ≧92mg/dL

(2)1時間値 ≧180mg/dL

(3)2時間値 ≧153mg/dlL

上記の(1)~(3)の一つ以上を満たすと妊娠糖尿病と診断されます。


妊娠糖尿病ではなく明らかな糖尿病
(1)空腹時血糖値≧126mg/dL

(2)HbA1c≧6.5%(HbA1c(JDS)≧6.1%)

(3)明らかな糖尿病の症状がある場合(糖尿病網膜症など)

(4)随時血糖値≧200mg/dLあるいはブドウ糖負荷試験で2時間値≧200 mg/dLの場合は空腹時血糖かHbA1cで確認し1、2の基準を満たした場合。

妊娠中、血糖コントロールがよければ正常な赤ちゃんを産むことができますが、血糖コントロールが悪いと巨大児や奇形児が生まれたりすることがあります。妊娠糖尿病の多くは出産後、正常に戻りますが、将来2型糖尿病を発症する可能性が高いので注意して下さい。



ナビゲーション