Q&A集:糖尿病でも入れる保険ってありますか?



question糖尿病でも入れる保険ってありますか?


answer
ドクター勿論、糖尿病でも入れる保険はたくさんあります。ただ、保険料が通常の保険料より割高になったり、保険金額が削られる場合があります。


生命保険と言うと複雑なイメージがありますが、基本的には以下の三種類になります。

定期保険・・・保険期間は一定でその間に死亡した場合のみ死亡保険金が受け取れます。掛け捨てでお金は戻ってきませんが、保険料が安く高額の保障が受けられます。

終身保険・・・定期保険と同様に死亡した場合のみ死亡保険金が受け取れます。死亡保障は一生涯続きます。途中解約すればお金が戻ってきますが、元本割れになる可能性が大。

養老保険・・・保険期間は一定で、その間に死亡したときには死亡保険金が受け取れます。満期時に生存していたときには満期保険金が受け取れます。死亡保険金と満期保険金は同額です。貯蓄性の高い保険です。

生命保険・医療保険(保険タイプ別)
一般の保険・・・告知書が必要。医師の診断書が必要な場合もある。保障範囲が広く保険料が割安。

限定告知型保険とは・・・健康状態に不安のある方や糖尿病など持病のある人でも入れるように告知項目を緩和した保険です。保険料が一般の保険よりやや割高。

無選択型医療保険とは・・・健康状態に関わらず誰でも入れる保険です。保険料が割高で給付金の上限が低い。既往症の再発や悪化による入院・手術は保障の対象外。

現在糖尿病でも、症状や治療状況により一般の保険(特別条件付き)に入れる可能性もあるので、まずは保険料が割安な一般の保険から探してみて下さい。

最後に自分と家族にとって今どのような保険が必要なのかをよく考え、不利な契約にならないよう、必ず複数社から資料を取り寄せ慎重に契約しましょう。読売ウィークリー掲載!複雑な保険をビジュアルで解説!
保険料を3〜4割安くするテクニック満載の”保険マンモス”




ナビゲーション