Q&A集:HbA1c(ヘモグロビン・エーワンシー)検査とは



questionHbA1c(ヘモグロビン・エーワンシー)検査とは


answer
ドクターHbA1c検査とは、赤血球内のタンパク質の一種のであるヘモグロビンが、どの程度の割合でグリコヘモグロビン(HbA1c)に変わってしまっているかを調べる検査です。

ヘモグロビン(hemoglobin)は、酸素分子と結合して全身の細胞に酸素を運ぶ働きをしますが、血糖値が高いと血液中のブドウ糖とヘモグロビンが結合しグリコヘモグロビン(HbA1c)に変わってしまいます。グリコヘモグロビン(HbA1c)は、一度結合すると、赤血球の寿命がくるまで消滅しないので、その量はだいたい過去1~2ヶ月の血糖値の平均(血糖コントロール状態)を反映したものとなります。

HbA1c(NGSP)が6.5%以上、 HbA1c(JDS)が6.1%以上あり、他の条件*1を満たすと糖尿病と診断されます。*1どういう状態が糖尿病?~糖尿病診断の基準と流れ


たまたま受診した日の血糖値が正常でも、グリコヘモグロビン(HbA1c)の値が高ければ、過去1~2カ月間の血糖コントロールは良くなかったことになります。HbA1c検査は、血糖値とともに過去の血糖コントロールの状態を知ることができる検査なのです。

糖尿病と診断された後も、グリコヘモグロビン(HbA1c)検査は、治療効果の判定に使われる重要な情報源になります。糖尿病の合併症は、HbA1cが6.9%を超えると発症しやすくなるといわれています。糖尿病患者さんは、HbA1cを6.9%未満に、できれば6.5%未満になるように血糖コントロールを続けましょう。

血糖コントロール指標と評価
指標 不可
不十分 不良
HbA1c(JDS値)(%)
HbA1c(国際標準値)(%)
5.8未満
6.2未満
5.8~6.5未満
6.2~6.9未満
6.5~7.0未満
6.9~7.4未満
7.0~8.0未満
7.4~8.4未満
8.0以上
8.4以上
空腹時血糖値(mg/dL) 80~110未満 110~130未満 130~160未満 160以上
食後2時間血糖値(mg/dL) 80~140未満 140~180未満 180~220未満 220以上



ナビゲーション